バイク

【バイク初心者向け】ツアラータイプの特徴をわかりやすく解説〜バイクジャンル解説〜

「ツアラータイプのバイクってどんな特徴があるの?」

バイク初心者からすると、数多くあるバイクの種類の中でツアラータイプのバイクの特徴はどんなのがあるかは気になるところ。

そこでこの記事では、長距離最強の旅バイクであるツアラータイプの特徴について解説します!

せせり

こんにちは、せせりと申します。
これまで所有したバイクは4台で、レンタルで乗ったバイクなどを含めると小型大型10台ほどの様々なジャンルのバイクに乗ってきました。
そんな僕がツアラータイプの特徴についてご紹介していきます!

▼バイクのジャンルを9種類に分類してそれぞれの特徴について解説した記事を書いています。
他のジャンルのバイクの特徴も知りたい方はぜひこちらの記事も見てみてください。

バイクのジャンルって何がある?ざっくり9種類のバイクジャンルについてご紹介 こんにちは!せせりです バイクってなんか楽しそう!あのバイクかっこいいな、自分も乗りたい!YOUTUBEのモトブログでバイクに興...

いろんなツアラーを見てみよう

ツアラーとよばれるジャンルのバイクは基本的に大型バイクですので、そこまで種類は多くはありません。
日本のバイクメーカー(ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキ)からはツアラーはそこまで出ていないのですが、海外のメーカー(BMW、ハーレー、DUCATIなどなど)のツアラーはそこそこある印象です。
海外は広大な大地を長距離走る文化があるのでツアラーが人気なんですね。

アメリカンバイク特集!大型から中型までのアメリカンバイクをご紹介! | sotoshiru (ソトシル)

こちらはGOLD WING(ゴールドウィング)通称GLというバイクで、ツアラーの王者的な存在です。
とにかくでかい!車重400kg近くあり、価格も200〜300万円とお値段もビッグサイズ!笑


排気量も1800ccともはや車です笑
バイクや車にあまり詳しくない方にとって排気量何ccといってもピンとこないかもしれませんね。
1800ccがどういうことかといいますと、軽自動車は排気量が660cc以下の車なのでGLは倍以上の排気量があります。普通自動車でも1200〜1500ccくらいの自動車が多いと思いますのが、それ以上の排気量なんですね。

なので、バイク初心者の方は正直GLはまず候補に入らないと思いますし、いきなりGLは取り回しがしんどすぎるのでおすすめしないです。
ただ走り始めるとびっくりするぐらい快適です!
試乗で何回か乗ったのですが、もはや動くソファーのような快適さでした。

FJR1300AS/A - バイク・スクーター | ヤマハ発動機

こちらもFJR1300というツアラーバイクです。
先ほどのGLとは違って見た目もスッキリしていますね。
FJRは純粋なツアラーというよりはスポーツタイプ ✖️ ツアラーのスポーツツアラーと呼ばれるバイクで、ツアラーの快適さを持ちながらスポーツタイプの楽しい操作性もあわせもつバイクです。

最近ではこのようなスポーツツアラーの存在感も大きくなっています。

ツアラータイプの特徴

ツアラータイプは大型車が多く、車重が重いため初心者の人にとっては取り回しが難しくおすすめ度は低いです。

ただ走っている時の快適性は他のジャンルのバイクに比べダントツで良いので、ステップアップしてバイクに慣れてきたところでツアラーに乗るというのは非常に良い選択肢だと思います。

また車体が非常に大きいので、駐める場所をしっかりと確保しなければならないので、購入する敷居は少し高いと思います。
(アパートやマンション住まいの方はなかなか駐められないかもしれないです。そういうときはレンタルバイク倉庫などがありますので、検索してお近くにあれば契約してそこに駐めるという手段もあります)

完全に主観なのですが、ツアラータイプに対する私のイメージは以下のようになります。

それぞれの特性について詳しく見ていきましょう!

操作性

曲がりたい方向に思い通りにスッと曲がれたり、遅い速度でも曲がりやすいか、Uターンしやすいか、を操作性の良さとしています。

ツアラーは大型のため車体が大きく車重も思いため、少しもったりした操作性のことが多いです。
ただスポーツツアラーと呼ばれるタイプのものは比較的スイスイ曲がってくれるので操作性は良い傾向にあります。

速度が出ているときはそこまで難しい操作性ではないですが、低速では車体の大きさが少しネックになるように感じます。(車重の重さに関しては安定性に繋がるので操作性への影響は少ない印象です)

安定性

安定性とはまっすぐ走っているときにフラつかないか、ということなのです。
バイクが重ければその分風などに煽られてもどっしりフラつかないので、重いバイクのほうが安定性では有利ですね。

また重心が低いと安定性も高くなります。
格闘技や球技などどんなスポーツでも重心を低く構えて安定性をあげたりするかと思いますが、バイクも車も同じで重心が低い方が安定するんですね。

ツアラーは車重が重く、重心も低いため安定性は抜群です。
高速道路をひたすら走っても振動が少なく、強い横風が吹いても車重が思いのでフラつかず安定して走れます。

積載性

バイクをあまり知らない人からすると、「バイクに積載性?」と疑問に思われるかもしれませんね。
バイクって意外と荷物乗るんですよ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200807_162319-1024x576.jpg

こんな感じで荷物を後ろにくくりつけたりします。
写真のは私のDトラッカーXというモタードバイクなのですが、後ろに荷物を載せまくってもちゃんと走れます。(ちなみにモタードは積載性皆無といわれるジャンルのバイクですが、強引にやれば結構荷物のります笑)

バイクの後ろに荷物をくくりつけたりしてツーリングやキャンプに出かけたりするのですが、そのときにバイクの後ろのシートの形状や大きさによって荷物の載せやすさが変わってきます。

ツアラーは文字通り旅するバイクなので積載性は抜群です。

アメリカンバイク特集!大型から中型までのアメリカンバイクをご紹介! | sotoshiru (ソトシル)

画像のバイクをみても分かる通り、後ろ側がすごいことになってますね笑
パッセンジャー(タンデムで後ろに乗る人)も腰掛があって快適ですし、バイクの横側にもボックス(パニアケースといいます)があるので積載性十分なことがわかるかと思います。

何日、何週間、何ヶ月と旅するのにも荷物を載せることに苦労しなさそうですね。

長距離性

長距離を快適に走れるか、ということです。

旅するバイクということもあり、長距離性は抜群です。

カウルやスクリーンによる防風性能、多気筒エンジンによる振動の少なさ、ソファーのような優しいシート、ハイパワーで余裕のある走り、どれをとっても長距離走行に適した作りとなっています。

利便性

買い物や通勤、通学の普段使いとして扱いやすいか、ということです。

これに関しては利便性皆無だと思います笑

一番の要因は車重の重さですね。
バイクは重いと押し引きがしんどくなるので、駐輪場や車庫からバイクを引っ張り出すときに重いと取り出すのが億劫になるんですね。

土日にツーリングを予定していて、「今日はツーリングいくぞ!」の気持ちなら気にならないんですが、普段使いで毎日押し引きすると考えるとかなりしんどいと思います。

ただ人によってはこのツアラーバイクでも普段使いに使っている人はいるにはいます。(私の知人にもGLを普段使いの如く乗り回す猛者がいましたが、その人のバイタリティがえぐいのだと思ってます笑)

オフロード性

土や砂利などの不整地でも走りやすいか、ということです。

基本敵にオフロードバイク以外はオフロードは苦手です。

ツアラーはアスファルトの公道を快適にどこまでも走るのに特化したバイクですので、未舗装路の走行は苦手としています。
とくに車重の重さはオフロードを走るのに致命的で、重いとすこしのタイヤのスリップが転倒につながりやすいです。

ただ海外の人でGLで林道を走るという考えられない荒技をこなす人もいますが、超絶おすすめしないです笑(見るぶんにはめちゃくちゃおもしろいですけどね笑)

まとめ

以上がツアラータイプの特徴でした。

ツアラーのポイントを以下にまとめます。

  • 横風に吹かれてもフラつかない抜群の安定感
  • 振動の少ないエンジン、防風性能抜群のカウルによる快適な長距離性能
  • なんでも荷物を載せられるほどの積載性

連泊で長距離を走るのに圧倒的に適したバイクです。
逆にいうと短い距離を毎日使うには不便なバイクでもあります。

とくに車重の重さは安定性につながりますが、押し引きが大変なので初心者の方の最初のバイクとしてはあまりおすすめしないタイプのバイクです。
バイクに乗り慣れてステップアップするときの選択肢としてはおすすめだと思います。

この記事がバイクに興味を持った人や乗り始めの初心者の方の参考となればうれしいです!

ではまた〜

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村
コーヒーとバイクが好きな会社員
せせり
コーヒーとバイク、爬虫類が好きな27歳男性サラリーマン
【バイク】
バイク歴は7年で250ccバイクが大好き。
現在の愛車はDトラッカーX
【コーヒー】 コーヒーを豆から挽いて自分で淹れるのが趣味です。
気分によってドリップ、フレンチプレス、マキネッタを使いわけてコーヒー淹れてます。
(最近はドリップばっかり)
【爬虫類】 爬虫類が好きでヤモリ5匹とリクガメ1匹を飼育してます。

上記以外にもガジェットやアプリも好きです。
このブログではそんなせせりが好きなことについての情報発信をしています。
\ Follow me /