バイク

【バイク初心者向け】ネイキッドバイクの特徴をわかりやすく解説〜バイクジャンル解説〜

「ネイキッドタイプのバイクってどんな特徴があるの?」

バイク初心者からすると、数多くあるバイクの種類の中でネイキッドタイプのバイクの特徴はどんなのがあるかは気になるところ。

そこでこの記事では、バイクの王道スタイルであるネイキッドタイプの特徴について解説します!

せせり

こんにちは、せせりと申します。
これまで所有したバイクは4台で、レンタルで乗ったバイクなどを含めると小型大型10台ほどの様々なジャンルのバイクに乗ってきました。
そんな僕がネイキッドタイプの特徴についてご紹介していきます!

▼バイクのジャンルを9種類に分類してそれぞれの特徴について解説した記事を書いています。
他のジャンルのバイクの特徴も知りたい方はぜひこちらの記事も見てみてください。

バイクのジャンルって何がある?ざっくり9種類のバイクジャンルについてご紹介 こんにちは!せせりです バイクってなんか楽しそう!あのバイクかっこいいな、自分も乗りたい!YOUTUBEのモトブログでバイクに興...

いろんなネイキッドバイクを見てみよう

ネイキッドと一口に言ってもいろいろな見た目があります。
まずはネイキッドと呼ばれるバイクについて見てみましょう!

こちらはCB400SFというバイクで、ザ・ネイキッドな見た目です。
バイクの免許を取りに教習所へ行くと、まず乗るのがこのネイキッドバイクであるCBのことが多いと思います。

こちらもMT03というネイキッドバイクです。
先ほどのCBとは違ってカクカクしていて機械らしい強そうな見た目をしてますね。
最近ではこのようなかっこいいネイキッドも多くなってきています。

Z1000 | 株式会社カワサキモータースジャパン

そしてこちらはZ1000というネイキッドバイクです。
ネイキッドというよりも、ネイキッド+スポーツのストリートファイターと呼ばれるジャンルのバイクですが、ネイキッドの仲間として紹介します。

このようにネイキッドといえど、様々な見た目のバイクが存在し、丸目ヘッドライトの全体的に丸っこいネイキッドもあれば、最近ではメカメカしく有機的でマッスルな見た目のネイキッドも多く存在します。

ネイキッドバイクの特徴

ネイキッドは教習車でも使われていることからもわかるように、操作性が素直で癖がなく、扱いやすいのが特徴です。

ストリートファイターはスポーツタイプ寄りなので、ネイキッドよりも過激で少し操作性に癖があるかもしれませんが、全体的に扱いやすいジャンルのバイクと言えます。

完全に主観なのですが、ネイキッドバイクに対する私のイメージは以下のようになります。

それぞれの特性について詳しく見ていきましょう!

操作性

素直で直感的なので扱いやすいです。
バイクに乗ったことのない人からすると素直な操作性とはどういうことかわかりづらいかもしれませんが、曲がりたいと思った方向にしっかり曲がってくれる操作性です。

バイクによっては癖のある操作性があったりして、思ったよりも曲がらなくて外側に膨らんだり、逆にキュッと曲がってしまって思った以上に内側に曲がってしまうようなことがあります。

そのような癖は慣れや乗り方でなんとでもなるのですが、ネイキッドはそう言った癖が少ないので初めてバイクに乗る人でも違和感なく曲がれる操作性と言えます。

安定性

安定性は普通くらいです。

安定とはまっすぐ走っているときにフラつかないか、ということなのです。
バイクが重ければその分風などに煽られてもどっしりフラつかないので、重いバイクのほうが安定性では有利ですね。

また重心が低いと安定性も高くなります。
格闘技や球技などどんなスポーツでも重心を低く構えて安定性をあげたりするかと思いますが、バイクも車も同じで重心が低い方が安定するんですね。

ネイキッドと一口に言っても排気量や車重はピンキリなのですが、概ね安定したバイクが多いと思います。

積載性

バイクをあまり知らない人からすると、「バイクに積載性?」と疑問に思われるかもしれませんね。
バイクって意外と荷物乗るんですよ。

こんな感じで荷物を後ろにくくりつけたりします。
写真のは私のDトラッカーXというモタードバイクなのですが、後ろに荷物を載せまくってもちゃんと走れます。(ちなみにモタードは積載性皆無といわれるジャンルのバイクですが、強引にやれば結構荷物のります笑)

バイクの後ろに荷物をくくりつけたりしてツーリングやキャンプに出かけたりするのですが、そのときにバイクの後ろのシートの形状や大きさによって荷物の載せやすさが変わってきます。

ネイキッドは概ねシートの後ろが広く、平坦になっているものが多いので荷物を載せやすいものが多いです。

長距離性

長距離を快適に走れるか、ということです。
ネイキッドは普通くらいか、スクリーンがなく防風性能が弱い分少し長距離性が低い印象です。(カスタムでスクリーンをつければ長距離でも快適だと思います)

大型のネイキッドであればパワーがあるので長距離走ってもそこまでしんどくならないかと思います。

乗車姿勢に関しては無理のない自然な姿勢で運転できるので、長距離走っても腰などはそこまでしんどくならないです。
スポーツタイプとかであれば前屈みになるので腰にくるんですね。
若い頃はスポーツタイプでバリバリ乗っていた人がおじちゃんになってネイキッドやクルーザーに乗ることが多いのですが、だいたいはこの腰への負担が少なくなるからですね。(私の父親もリターンライダーで新しくバイク買ったときも、腰がしんどいからネイキッドを買ってました笑)

利便性

買い物や通勤、通学の普段使いとして扱いやすいか、ということです。

単純に移動するだけであれば不便なところはなく、利便性は普通だと思います。
買い物をよくする場合は、バイクの後ろに専用のボックスをつけると利便性はかなりアップしますが、付けないと荷物が全然載せられないです。
まあスクーター以外、バイクはどれもそういうものなのですがね笑

オフロード性

土や砂利などの不整地でも走りやすいか、ということです。

よくある砂利の駐車場のように、比較的平坦なオフロードであればなんの問題もなく走ることはできます。
ただやっぱり林道のような少し険しいオフロードになるとサスペンションや地面からエンジンの腹部分までの高さ(最低地上高といいます)が低い、タイヤがオンロードタイヤ、などなどオフロードを走るにはしんどい要素が多くなっています。

基本敵にオフロードバイク以外はオフロードは苦手ですね。

ただ人によってはどんなバイクであろうと林道を走る猛者もいたりはするのですが、無理はしないようにしましょう笑
(私の知人にもビッグスクーターで林道行ったりする人がいますし、海外ではGL1800という400kgほどの重さの超重量級バイクで林道を走る人もいるそうです。ちょっとわけがわからないですね笑)

まとめ

以上がネイキッドバイクの特徴でした。

ネイキッドのポイントをまとめました。

  • 素直で扱いやすい操作性
  • フラつかず、安定した走り
  • シート形状もフラットなものが多く、荷物が載せやすい

トータルで見ると扱いやすく、見た目のバリエーションも最近は豊富ですので、初心者の人にもおすすめできるジャンルのバイクです。

この記事がバイクに興味を持った人や乗り始めの初心者の方の参考となればうれしいです!

ではまた〜

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村
コーヒーとバイクが好きな会社員
せせり
コーヒーとバイク、爬虫類が好きな27歳男性サラリーマン
【バイク】
バイク歴は7年で250ccバイクが大好き。
現在の愛車はDトラッカーX
【コーヒー】 コーヒーを豆から挽いて自分で淹れるのが趣味です。
気分によってドリップ、フレンチプレス、マキネッタを使いわけてコーヒー淹れてます。
(最近はドリップばっかり)
【爬虫類】 爬虫類が好きでヤモリ5匹とリクガメ1匹を飼育してます。

上記以外にもガジェットやアプリも好きです。
このブログではそんなせせりが好きなことについての情報発信をしています。
\ Follow me /