バイク

【バイク初心者向け】モタードの特徴をわかりやすく解説〜バイクジャンル解説〜

「モタードタイプのバイクってどんな特徴があるの?」

バイク初心者からすると、数多くあるバイクの種類の中でモタードタイプのバイクの特徴はどんなのがあるかは気になるところ。

そこでこの記事では、日本ではマイナーだけど好きな人は大好きなジャンルのモタードタイプの特徴について解説します!
(ちなみに私もモタード大好きです)

せせり

こんにちは、せせりと申します。
これまで所有したバイクは4台で、レンタルで乗ったバイクなどを含めると小型大型10台ほどの様々なジャンルのバイクに乗ってきました。
そんな僕がモタードタイプの特徴についてご紹介していきます!

▼バイクのジャンルを9種類に分類してそれぞれの特徴について解説した記事を書いています。
他のジャンルのバイクの特徴も知りたい方はぜひこちらの記事も見てみてください。

バイクのジャンルって何がある?ざっくり9種類のバイクジャンルについてご紹介 こんにちは!せせりです バイクってなんか楽しそう!あのバイクかっこいいな、自分も乗りたい!YOUTUBEのモトブログでバイクに興...

いろんなモタードを見てみよう

まずはモタードと呼ばれるバイクについて見てみましょう!

カワサキ(KAWASAKI) Dトラッカー125 | D-TRACKER 125の型式・諸元表・詳しいスペック-バイクのことならバイクブロス

こちらはDトラッカーというモタードバイクです。
「あれ、これってオフロードバイクなのでは?」とバイク初心者の方は思ったのではないでしょうか?
そうです、モタードは基本的にオフロードバイクをそのままオンロード寄りにセッティングしたバイクなのです。

なのでオフロードバイクのように見た目がスリムで細く、車重も非常に軽く、シート高も高い傾向にあります。

ではオフロードバイクと何が違うかというと、足回りがモタード専用で設計されていることが多いです。
足回りとはタイヤやブレーキ、サスペンション、スイングアームなどで、特にモタードはタイヤとブレーキがオフロードバイクとは違う設計をされています。

その違いの詳細については後ほど解説します。

2020年モデルは電子制御系がさらに充実!ハスクバーナ『701 ENDURO/SUPERMOTO』 | バイクニュース | タンデムスタイル

こちらは701スーパーモトという海外メーカーのモタードバイクです。

モタードの頂点と言われているバイクで、先ほどのDトラッカーは250ccでモタードの多くは軽排気量のことが多いのですが、701スーパーモトは690ccという大排気量モタードなのです。

パワーがすさまじく、鬼の加速をするため雑なスロットル操作をすればバイクだけ吹っ飛んでいく、なんてこともあるかもしれませんね笑
よく、後ろから蹴り飛ばされるような加速と表現されていたりします。

なのでモタード自体は個人的に初心者の人におすすめなのですが、701スーパーモトは初心者にはおすすめできないですね笑(個人的にはいつか欲しいと思っているバイクです)

モタードの特徴

もともとオフロードバイクをオンロード寄りにセッティングしたものがモタードなので、特徴としてはオフロードバイクと似ています。

ではオフロードバイクとどこが違うのか、大きくわかりやすい点はタイヤとブレーキです。

左がオフロード(KLX250というバイク)、右がモタード(Dトラッカーというバイク)です。

オフロードバイクのタイヤはブロックタイヤなのでデコボコしており、またタイヤの直径も大きいことがわかるかと思います。
基本的オフロードバイクのタイヤ径はフロント21インチ、リア19インチです。
対してモタードのタイヤはネイキッドやスポーツなどと同じでオンロードタイヤを履いています。
タイヤ径はフロント・リアともに17インチです。
このようにオフロードとモタードでは使用するタイヤと大きさが異なります。

またブレーキも違ってきます。
オフロードバイクのブレーキディスク(画像の青い丸枠)は小さいのに対し、モタードのブレーキディスクは少し大きいのが見てとれるかと思います。
これはオンロードとオフロードでの制動力(ブレーキで止まる力)が違うからです。
ブレーキディスクが小さいということはその分制動力が弱いため、オフロードバイクでは思ったよりも止めれないといったことがあります。

完全に主観なのですが、モタードに対する私のイメージは以下のようになります。

それぞれの特性について詳しく見ていきましょう!

操作性

オフロードバイク譲りの非常に軽くて細い車体のため、感覚としては自転車に近く初心者の人でも直感的に操作できるかと思います。

ハンドルもよく切れるので取り回しが非常にしやすいため、駐輪場にも苦労なくバイクをとめたり取り出したりできます。

安定性

安定とはまっすぐ走っているときにフラつかないか、ということなのです。
バイクが重ければその分風などに煽られてもどっしりフラつかないので、重いバイクのほうが安定性では有利ですね。

また重心が低いと安定性も高くなります。
格闘技や球技などどんなスポーツでも重心を低く構えて安定性をあげたりするかと思いますが、バイクも車も同じで重心が低い方が安定します。

モタードはオフロードバイクのオンロード版ということもあり非常に車重が軽く重心も高めなので、横風などの外乱に弱く安定性は低いです。

積載性

バイクをあまり知らない人からすると、「バイクに積載性?」と疑問に思われるかもしれませんね。
バイクって意外と荷物乗るんですよ。

ただそんなバイクの中でもモタードやオフロードバイクは積載性が皆無なんて言われたりもしていますが、モタード乗りの私からすれば「モタードだって頑張れば結構荷物乗るぞ!」というのが感想です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20200807_162319-1024x576.jpg

画像は私の愛車DトラッカーXというモタードですが、ご覧の通り詰め込めばいっぱい荷物が乗ります。
ただ自分が乗るスペースが小さくなるので、常に背筋を伸ばした同じ姿勢で走ることになりますが笑
しかしここまで荷物を載せると、モタードのサスペンションは割と柔らかいため加減速での前後の動き(ピッチングモーションといいます)が大きくなって運転しづらくなるデメリットもあります。

長距離性

長距離を快適に走れるか、ということです。

これに関しては皆無だと思っています。
人によってはモタードでも長距離・長時間を何泊続けても平気という方もいるようですが、私はモタードのDトラッカーXに乗ると数時間で結構お尻が痛くなります。

またモタードは基本単気筒エンジンということもあり、エンジンの振動が大きめです。
そのため長時間乗ると振動でお尻や手がしんどくなることもあります。

利便性

買い物や通勤、通学の普段使いとして扱いやすいか、ということです。

単純に移動するだけであれば不便なところはなく、利便性は普通だと思います。
とくにモタードは軽くて細くて取り回しが容易なため、自転車感覚でスッと乗りやすいので個人的にはおすすめです。

リアボックスをつけると荷物もある程度運べるので、買い物用途にも使えるため便利です。

オフロード性

土や砂利などの不整地でも走りやすいか、ということです。

もともとオフロードバイクにオンロードタイヤを履かせたようなバイクなので、オフロードもそこそこ走れます。
オフロード以外の他のバイクよりかはオフロード走行が得意です。
実際にスーパーモトというモタード専門のレースでは、オンロードのサーキットコースと土の上のオフロードコースをハイブリッドさせたコースでレースします。両方得意なバイクです。

まとめ

以上がモタードの特徴でした。

モタードのポイントをまとめました。

  • 軽くて細くて自転車のように扱いやすい操作性
  • 思っているより荷物が乗り、気軽に乗れる利便性
  • オフロード譲りの走破性

私自身モタードは大好きなジャンルのバイクです。
やはり軽くて扱いやすいというのが一番のポイントで、かなり気軽にバイクに乗れるのがいいところだと思います。
この扱いやすさと気軽に乗れるという部分は初心者の方にすごくおすすめするポイントです。
ただ最終的に見た目が好みでないっていう人が多いのがオフロードやモタードの悲しいところなんですよね笑(個人的にはモタードすごいかっこいいと思ってます!)

この記事がバイクに興味を持った人や乗り始めの初心者の方の参考となればうれしいです!

ではまた〜

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村
コーヒーとバイクが好きな会社員
せせり
コーヒーとバイク、爬虫類が好きな27歳男性サラリーマン
【バイク】
バイク歴は7年で250ccバイクが大好き。
現在の愛車はDトラッカーX
【コーヒー】 コーヒーを豆から挽いて自分で淹れるのが趣味です。
気分によってドリップ、フレンチプレス、マキネッタを使いわけてコーヒー淹れてます。
(最近はドリップばっかり)
【爬虫類】 爬虫類が好きでヤモリ5匹とリクガメ1匹を飼育してます。

上記以外にもガジェットやアプリも好きです。
このブログではそんなせせりが好きなことについての情報発信をしています。
\ Follow me /