ライフハック

【本管理術】iPad用ノートアプリ「GoodNotes5」で本を管理する方法

読んだ本をどのように管理していますか?

  1. 付箋をはる
  2. マーカーや鉛筆、ボールペンで線をひく
  3. ノートにまとめる
  4. 写真をとる

いろいろな方法があるかと思います。
僕の場合は、読んで気に入ったページを写真で撮って、それをAdobe Scanを使ってPDF化しています。

せせり

Adobe Scanを使って撮影したページ写真をPDFを化するメリットとその方法について記事にまとめています。
まだ見てない方はぜひ見てってください!

【本管理術】Adobe Scanで文字検索機能付きPDFとして本を管理する方法 「本を読んでて、覚えておきたいとこに付箋を貼るけどどんどんかさばっていくな・・・」「気に入った文章に線を引くけど、後で結局どこに引いた...

上の記事で紹介した方法でPDF化したファイルをGoogleDriveやDropboxなどのクラウドで管理するだけでも十分便利だと思います。
最初は僕もそのように管理していたのですが、最近はiPadのGoodNotes5を使って管理するようにしています。

せせり

iPadユーザーでGoodNotes5を使っている人には超おすすめな管理方法です!

この記事では、Adobe ScanでPDF化したファイルをGoodNotes5で管理する方法についてご紹介したいと思います!

GoodNotes5で本を管理するメリット

僕が感じる、iPad用ノートアプリGoodNotes5で本のページPDFファイルを管理するメリットは以下のようになります。

GoodNotes5で管理するメリット
  • 実際にボールペンやマーカーを使って本に書き込むようにメモを書くことができる
  • Adobe ScanでOCR付きPDFなので、GoodNotes5側から文字検索できる
  • 書き込んだ文字も検索することができる
  • 読み込んだPDFファイルの順序を自由に変えられる
  • ページにアウトラインをつけることができる
  • 白紙のノートページを挿入することができる

実際にボールペンやマーカーを使って本に書き込むようにメモを書くことができる

GoodNotes5はノートアプリなのでマーカーやペンで自由自在に線や文字を書きこむことができます。

それはPDFファイルに対しても同じです。
そのため、撮影したページにあとから好きなようにペンやマーカーで線を引いたり、メモ書きをしたりすることができます。
めっちゃ便利です!

Adobe ScanでOCR付きPDFなので、GoodNotes5側から文字検索できる

Adobe Scanで撮影したページ写真をPDF化する方法について別記事で紹介していますが、その最大のメリットはOCR付きのPDFに変換することができることです。

OCRがついてると何が良いかと言いますと、なんと文字検索が可能なのです!
ただ撮影した写真の状態では文字検索はできませんが、Adobe ScanでPDF化すると文字検索が可能な形で管理することができるのです。

しかも文字検索機能はGoodNotes5に貼り付けた場合でも有効なので、どのノートにまとめたか忘れてもキーワードで検索して見つけることが簡単なのです。

書き込んだ文字も検索することができる

先ほどはOCR付きPDFにしたことで文字検索できることをお伝えしました。

「だったらGoogleDriveとかのクラウドで管理してても同じじゃない?PDF内で検索できるし」

と思われるかもしれません。

ですがGoodNotes5を使うとPDFの文字だけでなく、自分で書いた文字に対しても検索ができるようになるのです!
しかもそこそこ汚い文字でも認識してくれます笑
この機能がとてもありがたいですね!

読み込んだPDFファイルの順序を自由に変えられる

PDFファイルを読み込んだらもうその位置から動かせない、ということはないです。
いつでも好きな位置にページを移動することができます。
またページをコピーすることも可能です。

ページ移動ができるメリットは、例えば本を一通り読んだあとにGoodNotes5でPDFファイルをまとめたとします。
しかしその後、ほかにも記録しておきたいページが見つかったので撮影し、PDF化したとします。
ページ移動ができない場合、追加したページのPDFは最後尾に追加することになってしまいます。
しかしGoodNotes5では追加したPDFをどのページにも配置することができるので、あとから追加したPDFでも本の順序通りに再配置することが可能です!

ページにアウトラインをつけることができる

読み込んだPDFページにアウトライン、つまり見出しをつけることができます。

ノートにまとめたページ数が少なければとくにアウトラインをつける必要はないかと思いますが、ページ数が多いとどこにどのページがあるのかがパッとはわからなくなってしまいます。

そういったときはアウトラインをつけることで、後々ページを探すのが簡単になります。

白紙のノートページを挿入することができる

GoodNotes5はノートアプリです。
なので当たり前ですがPDFを読み込むだけでなく、白紙ページを挿入することが可能です。

例えば、本のページPDFの合間に白紙ページを挿入してそこまでのページの内容を自分なりにまとめる、っといったことができるようになります。

GoodNotes5で本のページPDFファイルを管理する方法

ここまででGoodNotes5で本のページPDFを管理するメリットについてご紹介しました。

では実際に僕がGoodNotes5を使って本を管理する手順をご紹介したいと思います。

撮影したページをAdobe ScanでPDF化する

スマホ写真で撮影したページを1日の終わりや、本1冊読み終わったタイミングでPDF化していきます。

PDF化する方法は「Adobe Scanで文字検索機能付きPDFとして本を管理する方法」の記事で紹介してますので見てみてください。

GoodNotes5でPDFファイルを読み込む

ここからGoodNotes5を使用していきますので、アプリを開きます。
そして読んでいる本をまとめるように1つノートを作成します。

ノート名は読んでいる本の名前で良いかと思います。
今回は例として、今僕がちょうど読んでいる本「バビロンの大富豪」で作成します。

ノート作成完了しました。
では作成したノートにPDF化したページを読み込んでいきます。

右上の+マークを押して「ページを追加」を表示します。
一番下の読み込みをタップします。

PDFファイルを保存した場所へ移動して読み込むページのPDFを読み込みます。
Adobe ScanでPDF化したファイルは「Adobe Document Cloud」というAdobeが提供するクラウドストレージ(アカウント登録時に無料で2Gのクラウドが提供される)にまず保存さます。
そのため僕の場合はAdobe Document CloudからPDFのファイルを読み込みます。

無事PDFファイルを読み込むことができました!
今回読み込んだPDFのページ数は3ページで、以下のようにちゃんと読み込めていることが確認できます。

読み込んだページに線を引いたりメモを記入する

読み込んだPDFファイルのページにペンやラインマーカーで線を引いたり、メモを書いていきましょう!
ノートアプリであるGoodNotes5で本を管理するメリットですね。

こんな感じにラインマーカーや赤ペンで重要な文に線を引いたり、自分でわかるようなメモを空白部分に書いていきましょう。

必要であればページPDFの合間にまとめページを挿入する

読み込んだPDFに線を引いたりメモを書いたりすることがGoodNotes5のメリットです。
さらにGoodNotes5の良い点が、ノートページを好きなところに挿入できることです。
そのため、本のページの合間に自分なりのまとめページを作成することもできます。

では実際に作っていきましょう。

右上の+マークをタップして「ページを追加」メニューを開き、好きな形式のページを選択します。
ここでは白紙ページを挿入してみます。

白紙ページを挿入しました。
今回は読み込んだ3ページのうち、1ページ目の次にまとめ用の白紙ページを挿入しました。

ちゃんとページ挿入できていますね!
ではこのページまでのまとめを書いていきましょう〜

今回は例としてテキトーに書いてますが、こんな感じでまとめページを書いていくと、ただ線を引いたりメモを書いたりするよりも後でわかりやすいまとめノートができます!

まとめ

iPad用ノートアプリ「GoodNotes5」を使って本を管理する方法をご紹介しました。
iPadユーザーでGoodNotes5を使用している方はぜひ今回紹介した方法で本を管理してみてください!

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
コーヒーとバイクが好きな会社員
せせり
コーヒーとバイク、爬虫類が好きな27歳男性サラリーマン
【バイク】
バイク歴は7年で250ccバイクが大好き。
現在の愛車はDトラッカーX
【コーヒー】 コーヒーを豆から挽いて自分で淹れるのが趣味です。
気分によってドリップ、フレンチプレス、マキネッタを使いわけてコーヒー淹れてます。
(最近はドリップばっかり)
【爬虫類】 爬虫類が好きでヤモリ5匹とリクガメ1匹を飼育してます。

上記以外にもガジェットやアプリも好きです。
このブログではそんなせせりが好きなことについての情報発信をしています。
\ Follow me /