コーヒー

電動コーヒーミル「NextG」を掃除しよう!分解・清掃・組み立てのやり方

こんにちは、せせりです。

僕はコーヒーが好きで、普段から電動コーヒーミルのNext Gを使っています。
手動ミルとは違って粉が均一になりやすく、なにより早くて楽なのです!

コーヒー好きで現在手動ミルを使っている方の中には、

「電動ミル興味あるけど、清掃とかめんどくさそうだな・・・」
「どうやって掃除するのだろうか?」
「組み立てるときに失敗して、粗さ調整機能がおかしくなってしまったりしないだろうか・・・」

と思っている方多いのではないでしょうか?

そこで今回は電動ミル「Next G」の分解・清掃のやり方をご紹介したいと思います。

この記事でわかること
  • 電動ミル「Next G」の分解・清掃・組み立ての方法

なぜ電動ミルの清掃をするのか?

そもそもなぜミルの清掃を定期的にする必要があるのでしょうか?

ミルはコーヒー豆を臼ですりつぶすことで粉にしています。
このとき、コーヒー豆の全てが粉となって落ちてくるわけではなく、ある程度は臼に付着したりしてミルの中に残ってしまいます。

そのためずっと使い続けていると古いコーヒー粉がミルの中に溜まっていき、せっかくの新鮮な豆の中に鮮度の低いコーヒー粉が混じってしまいます。

新鮮なコーヒーを飲むためにミルを使っているのに、定期的にミルを清掃しなければ風味の落ちたコーヒーを飲むことになります。

なので使用頻度にもよるかと思いますが、だいたい1ヶ月間隔くらいで電動ミルの清掃をすることで、いつも新鮮なコーヒーを飲めるようになるかと思います。

電動ミル「Next G」の分解・清掃・組み立ての方法

分解

まずは下画像の赤丸のボルトを10円玉などを使って外します。

ダイヤルの部分を外すとミルの中に溜まっているコーヒー粉がワッと出てくるので、あらかじめポリ袋などを下にしいておきます。

粉がかなり溜まってますね

こんな感じで粉がかなり溜まってるのがわかるかと思います。

これにて分解は終わりです。
ボルト外すだけなので簡単ですね。

清掃

分解したので粉を払っていきましょう。
100均のハケや筆などを使ってミルの臼部分の粉を落としていきます。

ハケだけでは落としきれない細かい部分はつまようじなどで擦り落としていきます。

本体側の方も粉を落としていきます。

粉を落としきれば清掃は完了です!

後は分解のときと逆工程で組み立てていきましょう。

組み立て

では組み立てていきます。

まずダイヤル部と臼の部分を組み合わせます。

「電動ミルって粗さ調整できるんだよね?組み立てたときに元の状態に戻せるか不安・・・」

と思われるかもしれませんが、ご安心を。
ダイヤル側の結合部に切り欠き(下画像の赤枠)があり、ミル本体側にはその切り欠きにハマるように突起部分(下画像青枠)があるため、必ず元の状態に戻るようになっています。

切り欠けのおかげでハマるようにしかハマりません。

後はボルトを閉めれば完了です!

以上で組み立て完了です!

慣れれば5分くらいで終わります。

まとめ

以上がNextGの分解・清掃・組み立て方法です。

分解はボルトを外すだけ清掃はハケで粉を落とすだけ組み立てはハマるようにしかハマらない仕組みになっているのでちゃんと元どおりに組み立てられるようになっていることがわかったかと思います。

最初はめんどくさい、難しそうと思ってしまう電動ミルの清掃ですが、始めてみれば簡単ですぐに終わる作業です。

これでいつでも新鮮なコーヒーが飲めるようになりますね!

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
コーヒーとバイクが好きな会社員
せせり
コーヒーとバイク、爬虫類が好きな27歳男性サラリーマン
【バイク】
バイク歴は7年で250ccバイクが大好き。
現在の愛車はDトラッカーX
【コーヒー】 コーヒーを豆から挽いて自分で淹れるのが趣味です。
気分によってドリップ、フレンチプレス、マキネッタを使いわけてコーヒー淹れてます。
(最近はドリップばっかり)
【爬虫類】 爬虫類が好きでヤモリ5匹とリクガメ1匹を飼育してます。

上記以外にもガジェットやアプリも好きです。
このブログではそんなせせりが好きなことについての情報発信をしています。
\ Follow me /