ライフハック

iPad用ノートアプリ「GoodNotes5」のテンプレートをカスタマイズする方法

「GoodNotes5のページを好きなものにカスタマイズしたいけど、どうやってやるのかわからない・・・」

この記事ではこのような疑問にお答えします。

GoodNotes5は標準でもいろいろな形式のページを選択できるのですが、PDFファイルを読み込んでテンプレートとして登録することができます

せせり

つまりオリジナルのノートが手軽に作成できるということ!
この自由度の高さと再利用性の良さがノートアプリのメリットですね

この記事では、GoodNotes5でPDFファイルをテンプレートとして登録してノートとして使う方法をご紹介します。

▼コーヒーの記録をとるために自作した記録用紙PDFがありますので、よければこちらを使ってテンプレート登録を試してみてください。

iPad用ノートアプリ「GoodNotes5」でドリップコーヒーを記録する方法【記録用紙PDF付き】 こんにちは、せせりです。 おいしいコーヒーを安定して淹れられるようになるには、コーヒーの記録をつけるのが効果的!という記事を以前...

PDFファイルを読み込んでテンプレートに登録する方法

それではさっそくPDFファイルをノートのテンプレートととして設定する方法を紹介します。

GoodNotes5のアプリを開いたら右上の歯車マークの設定を開き、「ノートのテンプレート」をタップします。

続いて、+マークの「読み込む」をタップします。
すると吹き出しで「”ファイルから”」と「”写真”から」の2つの選択肢が現れます。
今回はPDFファイルをテンプレートに使いたいので「”ファイル”から」をタップします。

テンプレートに選択したいPDFファイルを保存しているストレージを選択してそこへ移動します。
僕の場合はGoogle Driveに保存しているので、Google Driveへ移動します。

あとはテンプレートに登録したいPDFファイルをタップして選択します。
これでテンプレート登録完了です!

下の画像のようにテンプレートが登録されます。

登録したテンプレートの細かい設定

ここまででPDFファイルをテンプレートに登録する方法をご紹介しました。

ここからはプラスαとして登録したテンプレートの細かい設定について紹介します。

テンプレート名の変更

基本的にテンプレート名は登録したPDFファイル名になります。

ですがあとからテンプレート名を変更したいと思うことはありますよね。
そういうときはまず右上の「編集」をタップして編集モードへ移行します。

編集したいテンプレート名の部分をタップします。
タップする部分はページのプレビュー画面ではなく、あくまでテンプレート名の部分です。

これでテンプレート名を自由に変えることができます。

テンプレートグループの作成

登録したテンプレートは好きなようにグループ分けすることができます。

グループを新規作成する場合は右上の+マークをタップします。

今回は「テスト」という名前のグループを作成しました。

まとめ

GoodNotes5で好きなテンプレートを登録する方法をご紹介しました。

これまではPDFファイルをプリンターで何枚も印刷しなければ使えなかったですが、iPadでGoodNotes5ユーザーであればPDFをテンプレートに読み込むことで印刷せず何度でも利用できるようになります。

またwordやexcelなどで用紙を自作し、それをPDF化すれば好きなテンプレートを自作することもできます。

せせり

ちなみに僕はコーヒーが好きなので、自作のコーヒー記録テンプレートをGoogleスプレッドシートで作成してGoodNotes5で使っています。

▼GoodNotes5でコーヒーを記録できるように、自作したテンプレートを紹介してます!

iPad用ノートアプリ「GoodNotes5」でドリップコーヒーを記録する方法【記録用紙PDF付き】 こんにちは、せせりです。 おいしいコーヒーを安定して淹れられるようになるには、コーヒーの記録をつけるのが効果的!という記事を以前...
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村
コーヒーとバイクが好きな会社員
せせり
コーヒーとバイク、爬虫類が好きな27歳男性サラリーマン
【バイク】
バイク歴は7年で250ccバイクが大好き。
現在の愛車はDトラッカーX
【コーヒー】 コーヒーを豆から挽いて自分で淹れるのが趣味です。
気分によってドリップ、フレンチプレス、マキネッタを使いわけてコーヒー淹れてます。
(最近はドリップばっかり)
【爬虫類】 爬虫類が好きでヤモリ5匹とリクガメ1匹を飼育してます。

上記以外にもガジェットやアプリも好きです。
このブログではそんなせせりが好きなことについての情報発信をしています。
\ Follow me /